敏感肌用スキンケア化粧品ランキング

基礎化粧品のおすすめと、各年代別に応じた美肌スキンケアについて

敏感肌用スキンケア化粧品ランキング

順位 商品名 価格 化粧品の口コミ
一位 ディセンシア アヤナス
アヤナス

おすすめ度:★★★★★

*お試し*
1,680円/10日


*本製品*
17,850円〜/30日

  • 敏感肌用コスメとしてポーラ・オルビスが共同開発
  • 敏感肌スキンケアでお肌に優しい
  • アルコール、香料など無添加で低刺激
  • 保湿に優れ、小じわやほうれい線にも有用性がある
  • 30〜40代のエイジングケアにもおすすめ
  • トライアルはたっぷり10日間
  • 30日返金保証あり!
2位 HANA オーガニック
HANA オーガニック

おすすめ度:★★★★★

*化粧水*
2,990円/30日
*美容液*
2,990円/30日


*お試し*
1,480円/7日

  • オーガニックの無添加コスメ
  • 100%天然成分でお肌にも優しい
  • ローズの香りが癒し効果をもたらす
  • ストレスを和らげ、細胞の修復を促す
  • 肌の再生力を高める自然な美白効果
  • ニキビ跡、くすみや小じわで悩む方に
  • ストレスや生理中で肌が弱ってる方に
  • 敏感肌にも嬉しい低刺激の化粧水

【HANA オーガニック】*おすすめポイント
オーガニックローズの上品質な花精油が、敏感肌によって傷ついたお肌に自然な修復効果を促します。
植物の力によって肌の再生力が根本から高まり、シミの出来にくいハリ肌に生まれ変わる感覚です。

公式サイトへ  ⇒ レビューを見る

三位 プモア
プモア

おすすめ度:★★★★★

*お試し*
1,000円/7日


*本製品*
7,344円/30日

  • 2ステップでしっかり潤う化粧品
  • 乳酸菌と酵母の力でお肌をケア
  • 肌に浸透しやすく心地よい感触
  • 香りもよく、使い勝手も抜群
  • お手軽で続けやすいブランド
  • 1,000円でたっぷりお試しできる
  • 本製品は定期便が断然お得
3位 JADE BLANC
JADE BLANC

おすすめ度:★★★★★

*お試し*
1,480円/7日


*本製品*
4,086円/7日

  • ターンオーバーを整え、きめ細やかな肌に
  • 本場フランスで人気のオーガニックコスメ
  • 12種類の植物成分が肌本来の美を引き出す
  • 乾燥・肌荒れ・毛穴の開きに
  • ローズの香りで心身ともにリラックス
4位 あきゅらいず
あきゅらいず

おすすめ度:★★★★★

*お試し*
1,380円/4日


*本製品*
10,657円/30日

  • シンプルスキンケアでお肌を蘇らせる
  • 自分に合うのが見つからない方は必見
  • 化粧品ジプシーに陥った方にオススメ
  • 数ヶ月間のお肌の断食で、肌質改善も
  • 自然体に戻すことで、敏感なお肌を優しく労る
  • メイクの肌荒れで悩むことも無くなる
  • トライアルは試用後も返品可
  • 本製品の定期便が断然お得
5位 ビーグレン
ビーグレン

おすすめ度:★★★★★

*お試し*
1,890円/10日


*洗顔*
11,150円〜/30日

  • 科学的に美肌効果と安全性を追求
  • 天然クレイの優しい保湿洗顔がオススメ
  • 敏感肌の洗顔に最適
  • 浸透技術による優れた保湿効果
  • 美容成分が肌の奥まで届く
  • 肌の修復効果が実感しやすい
  • 肌への負担も殆どない

【ビーグレン】*おすすめポイント
敏感肌を改善する理想的な「洗顔」は、保湿効果を保ったまま毛穴の奥の汚れまで吸着します。
皮脂を大切に扱うことで肌本来のバリア機能と潤いを取り戻し、敏感肌を優しくケアします。

トライアルの購入  ⇒ レビューを見る

一位 リソウ・リペアファンデ
リペアファンデーション

*お試し*
1,900円/50日

*本製品*
4,950円/60日

  • リキッドファンデーション
  • 20代30代全般におすすめ
  • 敏感肌やニキビ肌でも使える
  • 100%天然由来の純植物性
  • 美容パック効果もある
  • 自然な仕上がりで違和感がない
  • 違和感なく使えるが、色が2色のみ

敏感肌用スキンケアのおすすめは?

皆さんはおすすめの敏感肌用化粧品について調べられてると思うのですが。
そもそも、なぜ「敏感肌」になるのか? 考えたことはあるでしょうか。

そして敏感肌になった肌の状態はどのようになってるのか。
その為に、どういったケアが有効に働くのか。
一緒に考えていきたいと思います。

敏感肌の原因は皮脂膜の乱れ

敏感肌の原因は、お肌のバリア機能である【皮脂膜】の乱れです。
正常な人は「皮脂膜」によってお肌の潤いを保ち、表皮が保護された状態にあります。

ですが皮脂膜が崩れると皮膚のバリアがはがれ、水分が逃げて乾燥状態になる。
そのとき皮膚の細胞が露出され、外からくる有害物質への抵抗が薄れる為
敏感肌のトラブルに掛かりやすくなります。

皮脂膜を乱す要因が敏感肌を引き起こす

では、どうして皮脂膜が乱れてしまうのか?
その原因の殆どが、洗顔の時に洗いすぎてしまうからです。
これが特に、美容に気をつけてる方が陥りやすい罠です。

洗浄力の優れたクレンジングで念入りに洗ってしまうと、
多くの場合はお肌の皮脂膜まで流されてしまいます。
洗いたては確かに綺麗になるのですが、その後の肌はまるで砂漠地帯。
雑草も草木も花も緑もない。例えるなら何もない真っ白な砂漠地帯。

そこに殺菌成分まで含めた洗願剤を使用してしまうと、肌が枯れるのです。
菌を殺すような強力な洗顔が、どうしてバリアの剥がれた敏感肌を傷めないと言えるでしょうか...

この状態では、外の刺激や有害物質から身を守る手段もなく。
自力で保湿する力も失われてしまいます。まさに緑の失われた砂漠です。

敏感肌の方は洗顔から見直し必須!

このような敏感肌の状態では、無添加の石鹸でも厳しいかもしれません。
「弱アルカリ性の石鹸成分」が、「弱酸性の皮脂膜」を壊してしまう畏れが有るからです。

では敏感肌で悩んでる方は、どのような洗顔を選ぶといいでしょう。
市販の殆どのクレンジングや洗顔は、洗浄力や殺菌作用をウリとして販売してます。
と言うことは、そういった洗顔もNGだと思って間違いないでしょう。


実は敏感肌の方は、皮膚のバリア機能が低下しているので、
刺激の少ない弱酸性の洗顔で優しくマッサージするように洗うといいのです。
そのような洗顔に適してるのがビーグレンの洗顔です

ビーグレン
⇒ ビーグレンの体験談と口コミ



著者は敏感肌のケアを、ビーグレンの洗顔方法から見直すことが出来ました。
皮脂膜を傷つけること無く、お肌の汚れだけを天然クレイの力で吸着する洗顔。
洗顔は、通常のように泡立てる必要は全くありません。

優しくマッサージするように、「素手」で愛情を注ぎながら洗ってあげてください。

洗顔のすすぎはお水で!

最後にお顔をすすぐ時は、を使うこと!
お湯ではなく「水」をつかうことで、万時伸びきった毛穴を引き締め、地肌の保湿力を回復させることができるのです。

乾燥肌の人はメイクもほどほどに控えて!

洗顔やクレンジングに伴って、もう一点見直すことがあります。
それは過剰なメイクを控えること。これも敏感肌にとっては大切です。

メイク落としの為には、しっかりクレンジングしないといけませんね?
しっかりとメイクを落とすには、クレンジングに洗浄力を求めなければなりません。
しかし前途したように、これでは地肌を痛めかねず本末転倒です...(o _ o。)

敏感肌の方は、メイク自体も見直しましょう。
特にファンデーションには防腐剤など様々な添加物が使用されてる化粧品も多く。
刺激に弱い乾燥肌をさらに悪化させるケースもよく耳にします。

そんな時にオススメなのが、あきゅらいずのシンプルスキンケアプログラム。

あきゅらいず
⇒ あきゅらいず



ファンデーションも低刺激のものを!

時々メイクが必要になる場合もあるでしょうが、肌に負担をかけない最小限のメイク・ファンデーションを心がけましょう。
そうすると優しいクレンジングでOKになります。

ここでおすすめするファンデーションが。

無農薬栽培米を主原料とした100%天然由来のファンデーション


敏感肌であっても、低刺激で使いやすいと思います

敏感肌や乾燥肌にいい化粧水

さて、敏感肌によって傷ついたお肌は、外部の刺激にとても弱くなっています。
添加された石油系の成分はもちろんのこと、紫外線によるダメージも受けやすくなり
年齢層によって乾燥肌、シミ、くすみ、たるみ毛穴などを誘発しやすい肌です。

まずは、肌の基盤を支える細胞を元気にする必要があります。
そんなときにおすすめの化粧水はどういうものかと言いますと...

アヤナス
⇒ アヤナス

科学的に美容効果と安全性を追求し、肌に良い成分を直接真皮層にまで浸透させ
成分の無駄を無くすことで肌への負担を減らし、抗酸化作用、肌の再生や保湿を直接与えるもの。


HANAオーガニック
⇒ HANAオーガニック

オーガニックローズの香りと美肌効果で副交感神経を刺激し、
夜寝ている間、自然な肌の再生力を最大限に引き出すことを目的としたもの。


プモア
⇒ プモア

酵母の力を使った化粧品で自然にお肌の地力を蘇らせる「プモア」も選択肢の一つ。


アプローチの方法は違いますが、どれも低刺激で敏感肌に最適な化粧品です。
これらを実際に試してみて、自分に合いそうなものを選ぶと良いと思います。

まとめ


敏感肌用のスキンケアは、以上のラインナップを自分のお肌に合わせて使い分けることをおすすめします(' '*)

《Facebookページにいいね!すると、お得な最新情報をお受け取り出来ます》