自分に合った基礎化粧品の選び方

基礎化粧品のおすすめと、各年代別に応じた美肌スキンケアについて

自分に合った基礎化粧品の選び方


自分に合った基礎化粧品を選ぶとなると、最初は何を買っていいのかわかりませんよね。 最近では色々なことが低年齢化しており、メイクは中高生からしてます、なんて方も多いでしょうが、それでもやはり「何もしたことない…」という方もいると思います。

これを書いている私などは、初メイクは高校卒業後、それまでに日焼け止めクリーム程度は塗ったことはあるもののそれをクレンジングで落とすなんてことも知らず、化粧水すらほとんど使った記憶がありません(汗)ニキビなどの肌荒れに悩まされるようなことが無かったのが本当に幸いです…

そんな私がいつの間にか得たスキンケアの知識は、「化粧水で保湿したら乳液などで蓋をする」程度のもの。 そして今までしていないことをするということで、感じたことは「面倒くさい」でした。女子力の低さが顕著です(笑)



さて、基礎化粧品を選ぶ上で一番早いのは同じ会社の同じシリーズをライン使いすることです。 とは言うものの、これは結構お金がかかります。しかも合う・合わないに個人差があるので、大勢の人が使っていたとしても自分に合うとは限らないのです。

サンプルやトライアルセットを試すことができれば何となくの使用や効果のイメージは掴めると思いますが、大抵のトライアルは一週間分ほどなので、これはいい!と思えるほどの効果が出るほどの期間はありません。 また、ライン使いとなると商品によっては使用ステップが多かったり少なかったりします。当然ステップが多いほど使用するものが多くなり金額もかさみます。

正直なところ、「自分に合った基礎化粧品、何を選べばいいか?」というこのテーマ、確実な正解はありません。 そもそもスキンケアの程度、使用品、方法、それらの結果の効能は人それぞれ、肌それぞれなんです。 …なんて言ってしまうと元も子もないので、いくつかパターンに分けて選び方を提案させていただきます。

  1. 悩みに合わせてしっかり!パターン
  2. 手っ取り早くスキンケア!パターン
  3. 誰かにお任せ!パターン
  4. 注意点

悩みに合わせてしっかり!パターン


せっかくスキンケアを始めるなら、効果を実感したい。「スキンケアしてる!」感が欲しい。 そんな方にお勧めするのは、年齢やお肌の悩みに合ったスキンケア商品を見つけることです。 特に化粧水は最低限のスキンケア。放っておくと肌から逃げていってしまう水分を外から補給するのは大切なことです。 単純に保湿するもの、また美白、ニキビケアなど目的別に色々な種類がありますので、自分の望む効能を持っているもので自分の肌に合うものを探していきましょう。
サンプルや試供品、トライアル等で色々試してみてください。


とりあえず無難なもの…ということで低刺激・無香料のものなどを選択するのも良いですね。 化粧水を軽いものにしても、美容液などでスキンケアの効果を高めることは可能です。 化粧水がある程度決まったら、そのラインで出ている乳液や美容液を揃えると良いでしょう。 使っていると「この乳液の使い心地が…」「この美容液、合ってるのかな?」等思うこともあるでしょう。

また、他のものが気になったり色々使ってみたくなることもあると思います。 値段が自分に合わないと感じることもあるかもしれません。 その時には、無理してライン使いせずに他のものに浮気しちゃいましょう!

使っているものに不満などを感じ始める頃には、初めの頃に比べてある程度自分の肌のことや自分がスキンケアに望むことが分かってきていると思います。そこで自分のスキンケアを見直すのも大切なことです。

手っ取り早くスキンケア!パターン


日々のお手入れが「面倒くさい」と感じる方や、とりあえずスキンケアをしよう!という方に初めての基礎化粧品としてお勧めするのは、シンプルステップが魅力の『オールインワン』商品です。


⇒ オールインワン化粧品ランキング


大抵この種類の商品には、化粧水・乳液・美容液の役割が謳われています。 値段が高ければ高いほど美容成分が多かったりもしますが、なんだかんだで結局は自分の肌質に合っていることが一番重要なので、低価格で容量の少なめのものから試してみると失敗が少ないかと。

ベースとしてオールインワン商品を使い、色々やってみたいと思い始めたら、化粧水、乳液…とステップを増やしていくのも良いと思います。勿論、これだけで充分だと感じたらこれだけのケアでも良いでしょう。

他のケア方法に移ったとしても、一つオールインワン商品を手元に置いておくと、疲れてスキンケアに手間をかける気力がないときや忙しくて時間がないときにワンステップでケアを終わらせられて便利ですよ。

誰かにお任せ!パターン


選ぶのが面倒くさいとは言わないけど、やっぱりよくわからなくてちょっと…という方。 手っ取り早く、美容部員さんに相談してしまうのも手です!

デパート等でなくても美容カウンターなどがあるドラッグストアなんかにも美容部員がいるところは多いですよね。 完全にメイクアップ商品だけを展開しているブランドもあるのでしょうが、基礎化粧品を出しているブランドも多いです。 そこで素直に「初めて基礎化粧品を選ぶのですが…」と相談してみましょう。
注意点として、相手は商品を売りたいのでほぼ確実に営業をかけてきます。 お値段がそれなりのものをぐいぐい勧められてしまうことも…(苦笑)

買いたい!と思ったなら良いのですが、即決したくない場合やお試しだけしたい場合は、正直にその旨を伝えて可能であれば試供品などを貰いましょう。それを家でゆっくり試用し、自分の肌やお財布と相談して決めましょう。 アパレルショップと同じですね(笑)

美容部員さんと話すなんて無理、営業かけられるの苦手!…でも誰かにお任せしたい…という場合には、身近な人(家族や友達など)が使っているものを真似してみるのも有りです。知らない人とは話せなくても身近な人になら相談もしやすいし、「何使ってるの?私も使ってみたい!」と素直に頼れば普通に教えてくれるでしょう。ただ、家族や友達も専門家でない限り、あなたに合った商品を改めて紹介できるとは限りません。

もし頼りになる友人や先輩が居ない人は、大手コスメブランドのラインナップを参考に選んでみるのも一つの手です。

資生堂人気ブランド一覧


いずれにせよ最終的には、自分で選択・決断することになりますので悪しからず。

注意点

最後に注意点を一つ。人間の体には自浄作用として「新陳代謝」があります。 若い頃からあまりにも年齢に合わない(10~20代の方が『50代からの~』と謳われているものを、など)基礎化粧品を使ってしまうと、肌の自浄作用が狂う可能性があるそうです。

若いうちは自分で補える成分まで外から余分に与えてしまうことで、肌が甘えてしまうんですね。 より重厚なケアからシンプルケアへ見直され、更に「肌断食」なる言葉まで流行っている現在です。 自分に合ったスキンケアを自分なりに楽しんで、どんどん綺麗になっちゃいましょう!

《Facebookページにいいね!すると、お得な最新情報をお受け取り出来ます》