ビーグレン エイジングケア

基礎化粧品のおすすめと、各年代別に応じた美肌スキンケアについて

ビーグレン エイジングケア

商品名
ビーグレンエイジングケア
お試し価格
1,890円/10日
本製品価格
18,400円〜/月
配送料
送料無料
返金保証
365日返金保証
運営会社
ビバリーグレン

おすすめ度:★★★★★★★★★★


 

ビーグレン エイジングケアセットの使用感

化粧水 → 美容液 → ゲル → クリーム の4ステップで構成

化粧水【10ーYBローション】

10YBローション
ちょっととろみのあるほとんど無色の化粧水です。 顔になじませていくと少しベタっと感じる人もいるかもしれませんが、 私は、あれくらい保湿された~と思える感じが好き。 ベタベタしすぎず調度いいです。

美容液【Cセラム】

Cセラム
こちらは一瞬クリームかと思いきや美容液で、透明な液体。ローションのような感じです。 肌になじませると少しオイリーなのですが、ベタベタせずしっかりと保湿してくれます。 つけた瞬間に熱を持つのは、ぐんぐん肌に浸透していってる証拠!

ゲル【QuSomeモイスチャーゲルクリーム】

QuSomeモイスチャーゲルクリーム
水分が多めのクリームって感じですね。 肌なじみが早く、さらっとなじんで溶けていき、 さっぱりとした仕上がりになります。

クリーム【QuSomeモイスチャーリッチクリーム】

QuSomeモイスチャーリッチクリーム
コクの有る濃厚なクリームです。 少し手にとった時に硬いクリームかなと感じたので 手のひらで暖めながら顔全体に広げてしっかりと 最後のステップで仕上げていきます。 潤いや美容成分を閉じ込めた~と実感できた気がします♪

まとめ

全体的にまったく無香料に近い化粧品です。 商品もシンプルかつ白で統一されていますし、 無駄なものは一切ない、効果優先!の実力派なセットという印象を受けます。

キューソームという医療レベルの技術を独自に駆使して、有用成分を肌の最奥にまで届ける最先端のエイジングケアコスメ。何が何でも若返り効果を求めている方にオススメです! コンセプトは10年前の素肌!化粧水の名前(10YearsBefour)より。

EGFが進化したFGFという成分

エイジングケア化粧品に含まれる成分EGF(プラセンタなどに含まれる成長因子)が、
さらに改良され進化したFGF(線維芽細胞成長因子)を、ビーグレンは取り入れてます。
従来のEGFの無駄な部分を取り除き、さらに細かな分子にすることで、より肌の奥へ浸透。

独自の浸透テクノロジーで、効果の出方が段違い

さらに独自に開発された、医療レベルの浸透テクノロジーも相まって、肌への浸透力が格段にUP。
どんな美容成分も肌の奥まで届かなければ意味が無いようですし、
実際試してみたら、かなり違いが実感できると思います。
ビーグレンは数あるエイジングケア化粧品の中でも、ダントツの効果を発揮します。

お試し ⇒ ビーグレン エイジングケアトライアル

なぜビーグレンのエイジングケアか?

エイジングケアで根本的な改善を期待できる化粧品が
この真皮層の細胞(コラーゲンなど)に直接働きかけることが出来る美容液です。

良し悪しの判断基準は、「エイジングケアに有効な成分が入っているかどうか」
そして、「その成分がきちんと肌の内部まで浸透していくかどうか」の2つがポイント。

以上の視点で判断した場合に、最も優れた条件を満たすのが今回の化粧品になります。

ビーグレンのエイジングケア


特筆すべきは独自の浸透テクノロジー。
深いシワやたるみ、ほうれい線に有効な成分を豊富に含み
お肌の奥に届けるのが難しいとされるビタミンCですら
キューソームという技術で直接真皮層にまで到達させると云われています。

真皮層といえば、コラーゲンなどお肌の基盤となる成分が多く含まれ
ビタミンCによる抗酸化作用で細胞を修復、アンチエイジングのケアに繋がるでしょう。

お肌の細胞の奥から本来の輝きを取り戻すことが出来る。
多くの美容コーディネーターがオススメする最先端の化粧品になります。

エイジングケア化粧品はどこで選ぶ?

例えばビタミンCは抗酸化物質として非常に優れたエイジングケア成分ですが。
それは真皮層にまで届かなければ、満足な効果を発揮できずに終わります。
(殆どの化粧品メーカーは、表皮の部分だけに留まる)

これは、肌に良いとされるどのような美容成分でも同じ事です。
従来の高価な美容液も、真皮層にまで届かなければ根本の改善は期待出来ません。

それくらいお肌への浸透力というのは大事なもの。
上記のビーグレンで違いを実感できるでしょう。

ビーグレン
ビーグレン エイジングケア

《Facebookページにいいね!すると、お得な最新情報をお受け取り出来ます》