ビタミンC誘導体が進化した美容液 Cセラム

基礎化粧品のおすすめと、各年代別に応じた美肌スキンケアについて

ビタミンC誘導体 Cセラム

Cセラム
ビーグレンの開発したCセラムというビタミンC美容液がありますが。
Cセラムは一般的なビタミンC誘導体と比べ、肌への浸透力と美容効果が段違いです。

ビタミンCの効果

元々、ビタミンCには抗酸化作用と美肌効果が認められ、
皮脂の詰まりや毛穴の黒ずみ、ニキビ跡、しわやたるみ毛穴など。
様々なお肌のトラブルに改善効果が期待できると云われています。

ですがこのビタミンCを、通常の美容液で肌の内部に届けるのは至難の技。
なぜならば、通常ビタミンCは50度以上の熱や光で簡単に変性してしまう上、
肌表面の油分(皮脂膜)で瞬く間に外に弾かれてしまうからです。

ビーグレン独自の浸透技術

けれどもビーグレンはビタミンCを真皮層にまで届けることを可能にしました。
ナノカプセルの中に美容成分を包み込み、角質層を超えて肌の奥まで浸透させる特許の技術。
美容成分をそのまま保持した状態で、肌の内部から美肌効果を発揮できるのです。

元は医療用の技術として開発されたもので、皮膚がん治療に用いられても居ます。
薬効成分を、必要な部分(肌の奥)に確実に届けるシステム。
QuSome(キューソーム)、ドラッグデリバリーシステム(DDS)とも呼ばれてます。

Cセラムの効果 口コミ

独自の浸透技術を使ったビタミンC誘導体【Cセラム】

私自身ずっと愛用しており、浸けた瞬間から何か熱いものが入っていくような。
最初の頃は熱を持つことにビックリしましたが、肌が喜ぶのはよく分かります。

毛穴の黒ずみやニキビは、内部の皮脂の酸化が原因だと云われます。
それが肌のターンオーバーを狂わせ、肌の再生を邪魔してるイメージ。
シミや老化を促す活性酸素も、肌の内部で様々なトラブルを引き起こします。

この原因となる部分に、Cセラムならば直接働きかけることが出来るわけです。
ビタミンCが肌の内部に直接届き、真皮層からのアンチエイジング効果が様々に期待できます。

Cセラムの使い方

オススメは夜のお風呂上り。寝る前などに。
特にお風呂上りの毛穴の開いた状態で、化粧水の上からCセラムを使うと、
ぐんぐんと肌の内部に浸透していくような感じがします。
夜のお休み中に、肌の修復酵素が活性化して毛穴の詰まりが改善されるようですね。


ただし、注意点が一個あるようです。
それは朝や昼間に付けすぎないこと。キューソームで守られてるとはいえ、
ビタミンCは熱や光で変性しやすいので、日中は極力使わないほうが良いそうです。
どうしても使いたい場合は、Cセラムの上からUVケアをしましょう(' '*)

Cセラム 販売ページ

お得なまとめ買いセットもございます。

ビーグレン Cセラム販売ページ

ビーグレン Cセラムお試しセット

ビーグレンのCセラムお試しセットは、症状別に合わせて4種類。
いずれもお得なトライアルからお試しいただけます*:・'゚☆